映画に一家言を持つ加藤シゲアキ、「エンドロール中に前を通る人は信じられない!」

2016.10.31

加藤シゲアキ

文系男子のめんどくさいといころを凝縮した生き物こと加藤シゲアキ

 アイドルのほかに小説家という一面ももち、第一作『ピンクとグレー』(KADOKAWA)は映画化されたことが記憶に新しいNEWS加藤シゲアキ。加藤は、インタビューで普段から映画鑑賞を好み、頻繁に劇場に足を運んでいると明かし、アイドル誌「Myojo」(集英社)では映画や小説について関ジャニ∞丸山隆平と語り合う「GIRL FRIENDS」という連載をもっているほど。そんな加藤が、10月25日深夜放送のラジオ番組『KちゃんNEWS』(文化放送)で、加藤流映画の見方を明らかにした。

 その日、番組には「映画やドラマを見る前に、周りからネタバレされてしまう」というリスナーからの相談が寄せられた。加藤はこの悩みに対し、「誰よりも早く見ればいいんじゃない?」と正論を返す。すると、パーソナリティのNEWS小山慶一郎は「ものすごく納得した」とコメント。小山もネタバレされることが嫌らしくリスナーの気持ちがわかる様子だったが、加藤はネタバレOK。その理由は、「オレは、どういう結末に向かって、話をどう組み立てるのかっていう面でも楽しめるから、全然(問題ない)。ただ、知らないほうが楽しめるのもある」と、小説家らしいもの。

 映画のエンドロールについても熱い。小山は、エンドロールが流れると立ち上がるものの、エンドロール終わりに本編の続きが流れそうな雰囲気になると、再び座席に座るタイプだという。すると、加藤は「そういう人は1番外側の席に座ってほしい」「見てる時に前通る人、ホント信じられない」と“加藤節”を炸裂。

 加藤自身はエンドロールを「200%見る」タイプらしく、映画によってエンドロールの見方もさまざま。スタッフの名前を見て「撮影は◯◯さんがやってるんだ」「音楽は誰がやってるのかな?」と考えたり、ロケ地を見たりするとのこと。インド映画など、言語の問題でエンドロールがまったく読めないときは、エンドロールを眺めながら作品の内容について考える時間にしているそうだ。文化系男子らしい、意識の高い鑑賞法である。

コメントをもっと読む

コメントを書く 投稿の利用規約

(コメント掲載に5分ほどかかる場合があります)


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

NEWS 加藤シゲアキ 小山慶一郎 関連記事

あなたにおすすめのチケット情報