加藤シゲアキが小山慶一郎に代わってラジオを担当するも、「納得できないから読めない」!

2016.11.28

加藤シゲアキ

シゲちゃまの“作家先生ギャグ”にしばしお付き合いください

 11月14日と15日の2日間、NEWS小山慶一郎がキャスターを務めている『news every.』(日本テレビ系)を欠席したことが話題になった。喉の調子が悪いとのことで、突然の欠席に驚いたファンも少なくないだろう。そんな中、復帰初日に収録されたラジオ番組『KちゃんNEWS』(文化放送)が、11月22日深夜にオンエアされた。

 「こんばんは! NEWSの加藤シゲアキです! 今日は『シゲちゃんNEWS』ということで!」という加藤の声が聞こえた瞬間、一瞬「おや?」と思った方も多いはずだ。まだ喉の調子が戻らず、ささやき声しか出せない小山に代わり、この週のゲストであった加藤がMCを務めることになったのだ。

 小山とプライベートでも仲が良く、自身もラジオ番組『SORASHIGE BOOK』(FMヨコハマ)でパーソナリティを務めているだけあり、加藤は小山をフォローしつつもスムーズに番組を進行させていく。時折小山に話を振り、『シゲちゃんNEWS』と言いつつも『KちゃんNEWS』から脱線させないスキルはさすがである。小山も恐縮しつつもささやき声でコメントを挟んでおり、無事にエンディングを迎えた。

 このまま、無事に番組が終了するかと思われたが、一筋縄ではいかないのが、加藤である。番組の最後に、はがきの宛先である「〒105-8002 文化放送 KちゃんNEWS」を読み上げた時だ。「イチ・レイ・ゴ、ハチ・レイ・レイ・ニ。え、“ハッセン・ニ”? なにこれ、イチ・レイ・ゴの後なら、ハチ・レイ・レイ・ニじゃないの?」と細かい部分に物言い。小山も小声で「早く進めろよ、イチイチうるさいなー!」とコメントするものの、加藤は「いや、全然納得できないわ。オレ、読めないわ、納得できないから」と加藤節を炸裂させた。読み方が統一されていないことが気に食わないようで、「オレが校閲(部)だったら、絶対朱(あか)入れるね」と、作家として活躍する加藤ならではのツッコミも。

コメントをもっと読む

コメントを書く 投稿の利用規約

(コメント掲載に5分ほどかかる場合があります)


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

NEWS 加藤シゲアキ 小山慶一郎 関連記事

あなたにおすすめのチケット情報