『嫌われる勇気』NEWS・加藤シゲアキの“ぎこちなさ”と“ダミ声”が、意外にカワイイ!?

2017.1.17

加藤シゲアキ

これからは「シゲちゃまのエンジェルボイス」と呼びましょう

<ジャニタレドラマ・ネットの声>

『嫌われる勇気』(フジテレビ系、毎週木曜22時~)初回平均視聴率8.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)

 近年は作家やコメンテーターとしての活動も目立つNEWSの加藤シゲアキが出演する、ドラマ『嫌われる勇気』が1月12日にスタート。同作は心理学者のアルフレッド・アドラーによるベストセラー『嫌われる勇気 自己啓発の源流「アドラー」の教え』(ダイヤモンド社)を大胆にアレンジし刑事ドラマに仕立てたもので、加藤は主演の香里奈演じる刑事・庵堂蘭子とバディを組む新人の青山年雄を演じる。香里奈1年半ぶりの主演作ということもあり視聴率の動向が注目されていたが、初回視聴率は8.1%と微妙なところだった。

 第1話では、蘭子(香里奈)が属する捜査一課に、新人刑事の青山(加藤)が配属。捜査一課に憧れていた青山は張り切るが、バディを組むことになった蘭子は、青山はもちろん他人にまるで気を使わず、単独行動ばかり。2人での初仕事となったのがファッションモデルの連続殺人事件だが、プロファイリングで推理する同僚の浦部義孝(丸山智己)や監察医の相馬めい子(相楽樹)の見解を「安易な妄想」だと無視し、蘭子は独自に捜査を進める。協調性のない蘭子にうんざりした青山が上司の半田陽介(升毅)に相談すると、警視庁のコンサルタントを務める帝都大学教授の大文字哲人(椎名桔平)のもとへ行くようにと言われる。実は大文字は蘭子の恩師で、彼女を理解するには「アドラー心理学」なるものを知る必要があると話し始めた――。

 「他人から嫌われることを恐れず“嫌われる勇気”を持ちえたとき、人は初めて自分だけの人生を歩みはじめることができる」というのが原作のメッセージだが、ネットでの声の大半は、それを刑事ドラマに仕立てて伝えている点に集中。「心理学と刑事ドラマの組み合わせに違和感ありまくり。アドラー先生に謝ってほしい(笑)」「アドラー作品の読者だけど、このドラマには興味を持てなかった」といった具合だ。

 また主役の香里奈に対しても、ドライな仕事人間を演じる彼女の化粧っけのないビジュアルに「久々に香里奈みたけどキラキラ感が全くなかった」という辛らつなツッコミも。そして加藤に関しても「頑張ってはいたけどなんとなく無理してる感、肩に力が入ってる感がある。観ていて疲れる」「バディの2人もキャラが魅力的に見えず全然引き込まれない。香里奈もシゲも表情が乏しいからかな?」などと手厳しい声が目立った。ただし「青山くんが思ったよりもたくさん出てる!?」、マダムたちに混ざっての紅茶キノコセミナーのシーンで着ていたフリフリのエプロンに「可愛いシーン感謝!!」という声もあり、ファン的には感触は悪くなかったようだ。

コメント

  1. 名無しだJ より 2017年1月17日 11:06 PM

    「嫌われる勇気」を持っている蘭子(香里奈さん)が、ぎらぎらの厚化粧で媚びまくってたら話が成り立たないでしょうに(笑)青山(加藤さん)も念願の捜査1課配属になったばかりなのだから「肩に力が入ってる感」は役作りばっちりでしょ(笑)
    視聴者の解釈は自由かもしれないけれど、それを書き写して記事にしちゃうんだ。

    - -

    -
  2. 名無しだJ より 2017年1月18日 8:00 AM

    学歴考えると一般人やってた方がSMAPなんかより大物になってたかもな(笑)

    - -

    -
  3. 名無しだJ より 2017年1月18日 3:01 PM

    こういう記事を書く人も、視聴者も、どこかケチをつける場所を探しながらテレビを見てるよね。つまんないね。根暗なの?

    - -

    -
コメントをもっと読む

コメントを書く 投稿の利用規約

(コメント掲載に5分ほどかかる場合があります)

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

NEWS 加藤シゲアキ 関連記事

NEWSのチケット情報